調査・研究サービス

JTB総合研究所では、ユニーク、かつ、全く新しい視点での調査・研究を通じ、時代の動きを先取りしています。 またマーケティング調査、経済波及効果調査、ユーザビリティー調査、トレンド分析や未来動向の予測など様々な調査、分析手法を用い、観光地、宿泊施設、交通インフラ、ICT、といった観光に関わる産業の幅広いニーズにお応えします。

調査・研究のポイント

観光を軸に広い視野から生活者の背景を読み解きます

地域活性化に取り組むうえで重要なポイントは「観光客(マーケット)の視点」を常に持つことであると考えます。観光の視点だけではなく、広く社会経済、技術の動向などの背景をとらえながら、生活者や旅行者の求めるニーズを明らかにします。

効率的な波及効果のプロセスを考えたターゲティングを提案します

ライフスタイル価値観や旅行への考え方から、生活者や旅行者の姿を可視化すると共に、波及効果のプロセスを考えた最適なターゲティングにつなげます。

具体的なソリューションを導く調査設計をご提供します

調査結果から具体的なソリューションを導きだすために、ディスカッションを重ね、仮説づくりから検証、ソリューション策定まで、綿密な調査設計をご提供します。

提供サービス

サービスメニュー一例

  • 観光振興計画策定、地域活性化コンサルティング
    • 読者アンケートから、購読者層をタイプ分けすると共に、それぞれのタイプ毎のニーズを深掘りし、購読者層が求める情報や提供すべきタイミングなどを明らかにしました。
  • 団塊世代の今昔調査
    • 同じ団塊世代に対し、経年での変化を調査することで、気分的な変化、家計やライフステージの変化、体力や健康面での変化などをとらえ、今後の動きを読み解きました。