主席研究員 若原 圭子 Keiko Wakahara

若原 圭子 Keiko Wakahara

主席研究員

生活起点による観光・旅行業・地域活性化の戦略策定・マネジメント、ユニバーサルツーリズム推進のための調査、研究、分析等を専門とする。店頭旅行業のBPR、旅行者購買行動調査、旅行者の地域での行動調査、地域パワーインデックス調査等。近年はユニバーサルツーリズム推進に傾注し、共生社会の実現を目指す。ユニバーサルツーリズムに関する調査、市場推計、バリア・バリアフリー調査の実施、バリアフリーマップの作成、障害者差別解消法eラーニング等。
経営学修士(MBA)、二級建築士、宅地建物取引主任

主なプロジェクト実績

  • バリアフリー観光の情報集約・発信業務委託 (行政団体/2015年)
  • 平成26年度ユニバーサルツーリズム促進事業 (行政団体/2014年)

経歴

セゾングループの商品科学研究所に入所、主に住生活を中心とした生活者調査研究に携わる。1998年にセゾン総合研究所に改組後、多数の流通産業、まちづくり調査研究に従事。
2004年セゾン総合研究所解散にともない、当社の前身である株式会社ツーリズム・マーケティング研究所主任研究員。2010年主席研究員、JTBチームリーダー。2012年よりJTBグループ戦略チームマネージャー。2014年より現職。
グロービス経営大学院大学 経営学修士(MBA)。

主な講演・執筆・出演

eリテール─流通を変えるイノベーション(共著)

eリテール─流通を変えるイノベーション(共著)

東洋経済新報社 / 2000年12月

アマゾンで買う