プレスリリース 2016年第6号

「データで見る訪日インバウンド市場トレンド2016」を発行しました

2016年03月04日
JTB総合研究所

印刷する

JTB総合研究所(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 日比野 健)は、訪日外国人マーケットに関するデータをまとめた『データで見る訪日インバウンド市場トレンド2016』(監修:株式会社ジェイティービー)を発行しました。本レポートは、公的なデータをもとに、宿泊、消費、利用空港などの特徴を市場別、訪問地域別に整理し、一目で訪日インバウンドの最新の動きをとらえることができるものです。

2016年3月10日(木)よりJTB総合研究所のホームページで販売します。

『データで見る訪日インバウンド市場トレンド2016』

監修:
株式会社ジェイティービー
編集・発行:
株式会社JTB総合研究所
定価:
5,184円(本体 4,800円)

レポートの概要は以下の通りです

  • 2015年の訪日インバウンドの旅行者数、宿泊、消費などのデータを、市場別、利用空港別、訪問地域別の3つの切り口から整理し、収録。
  • 2016年の訪日インバウンド市場予測を掲載。

【目次】

I章 グローバルマーケットの動向

II章 訪日マーケットの動向

中国/台湾/韓国/香港/タイ/インドネシア/マレーシア/フィリピン

III章 国内における訪日客の動向

1. マクロに見た訪日旅行需要の動向
訪日外国人旅行者数と消費額/ショッピング品目別消費規模/空港別・市場別旅行者数/宿泊施設タイプ別延泊数など

2. 空港別に見た動向
北海道/東北/首都圏/東海・信越・北陸/中部/関西/中国・四国/九州/沖縄

3. 地域別に見た動向
北海道/東北・北関東3県/東京/南関東3県/東海・山梨/信越・北陸/大阪/大阪を除く近畿/中国・四国/九州/沖縄

IV章 訪日市場2016予測

お問い合わせ

株式会社JTB総合研究所
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
03-6722-0759