燃油サーチャージ

ねんゆさーちゃーじ / Fuel surcharge

印刷する

燃油サーチャージとは、企業努力によって燃油費の値上り部分を運賃の範囲内でまかないきれなくなった場合、航空会社が運賃とは別に旅客から徴収する付加料金。ほとんどの燃油サーチャージはクラスやシーズナリティにかかわらず区間によって定額のため、安い航空券ほど割高感を与えることになる。燃油サーチャージは、2カ月単位で改定され、発券月の2カ月前に届け出がなされる。その金額は、発表月の直近2カ月間の平均原油価格に、当該2カ月の為替の平均額をかけて算定される。掛け合わされた金額が6,000円を下回れば燃油サーチャージは適用されないことになっている。

原油価格が高騰した2002(平成14)年に臨時的措置として導入された。2009(平成21)年7~9月、2016(平成28)年4~6月に廃止となったことがあるが、それ以外は恒常化しており、燃油サーチャージの高騰が海外旅行需要を冷ましたこともあった。