P2P

ぴあつーぴあ / peer to peer

印刷する

P2P(ピアツーピア=Peer to Peer)とは、検索やメールサービスなどを提供する企業の巨大なサーバーを介さず、ファイル共有ソフトを利用し、パソコン(クライアント)同士でファイルをやり取りすること。

巨大なサーバーを設置する必要がないことから低コストで済み、必要な情報を直接やり取りできる利便性に優れており、アクセスが集中しないので回線負荷が少ないメリットがある一方、通信相手の信頼性の確保が難しいこと、共有ファイルを通じウイルスに感染しやすく情報漏えいにまで発展することがあること、著作権侵害を犯しやすいことなどのデメリットも多い。

WinnyやIP電話、Skypeなどが代表的で、歴史が浅いため解決しなければならない課題が多いが、次世代型インターネット技術として注目されている。