常務取締役 観光危機管理研究室長 高松 正人 Masato Takamatsu

高松 正人Masato Takamatsu

常務取締役 観光危機管理研究室長

専門分野

地域や観光事業者のマーケティング戦略を支援する理論派コンサルタント。WTTC、UNWTO、WTCF、JICA等国際機関等の専門委員としてグローバルに活躍する一方、旅館の若手経営者育成にも積極的に取り組む。
観光危機管理の日本における草分け、第一人者として、国内外の観光危機管理や観光復興関係の業務に数多く関わる。
国内外での講演や研修、セミナー講師としても幅広く活躍。

主なプロジェクト実績

  • 沖縄観光危機管理2015 (行政団体/2015年)
  • 沖縄県観光危機管理推進事業 (行政団体/2014年)
  • 経営力強化セミナー (行政団体/2014年)
  • H25沖縄観光危機管理モデル事業 (行政団体/2013年)
  • 沖縄県観光危機管理モデル事業 (行政団体/2012年)

経歴

1982年東京大学卒業。株式会社日本交通公社(現JTB)入社後、旅行営業、販売促進、事業企画、インセンティブ企画、人事、IT企画等の業務を経験。
2001年株式会社ツーリズム・マーケティング研究所設立とともに、同社マーケティング事業部長に就任。2009年同社代表取締役社長を経て、2012年よりJTB総合研究所常務取締役。
東日本大震災をきっかけに、観光危機管理を事業化し、沖縄県をはじめ国内外で活動。日本における同分野の第一人者となる。自治体で初の「沖縄県観光危機管理基本計画」策定に参画。
旅館経営人財育成アカデミーの総括講師として、旅館のマーケティングやマネジメントの指導を通じて、旅館の後継者育成にも注力。
UNWTO Tourism Barometerパネル、WTTC Advisor Circle、WTCF専門委員、フランス政府観光局国際アドバイザー等、国際的な業界団体委員や国際会議のスピーカー、モデレーターとしても活躍。

主な講演・執筆・出演

観光学全集第6巻「観光産業論」(共著)

観光学全集第6巻「観光産業論」(共著)

原書房 / 2015年

アマゾンで買う

The International Journal of Event Management Research

Griffith University (Australia) / 2014年12月