LCC

えるしーしー / LCC

印刷する

LCC(Low Cost Carrier)とは、格安航空会社のこと。米国のサウスウエスト航空、アイルランドのライアンエアー、マレーシアのエア・アジアなどが有名。日本からはオーストラリアを始め、韓国、中国、台湾、フィリピン、タイ、マレーシアなどに就航している。成田空港、中部空港、関西空港から発着する国内線も増えてきている。

使用機材を統一することで乗員や整備に関わる費用を抑えること、特定区間に限定した運航や着陸料の安い空港を利用し、機内サービスを有料化するなど運航経費を軽減すること、航空券の予約・販売を電話やインターネット利用に絞り、旅行会社へ支払う手数料を無くして流通経費を軽減することなど、あらゆる経費を抑えることで航空運賃の大幅な低廉化を実現している。運航ネットワークの規模や多様なサービスを競ってきた従来の航空会社とは異なる戦略で、格安運賃を売り物に急成長を遂げている。運賃が安い反面、機内に預ける荷物が有料であったり、使用空港によっては乗り継ぎが不便であったり、欠航が多いなどのデメリットもある。