旅行業法

りょうこうぎょうほう

印刷する

旅行業法とは、手に取ることができない旅行という商品の取引に関し、消費者保護の観点から、旅行業務に関する取引の公正の維持、旅行の安全の確保および旅行者の利便の増進を図ることを目的に定められた法律。旅行業の登録、営業保証金、旅行業務取扱管理者標準旅行業約款、個別取引の行為規則など旅行会社の業務について定めるともに、旅行業協会(JATAANTA)の苦情解決、研修、弁済業務、公正取引など適正な活動の促進に関する事柄が定められている。

観光庁 旅行業法