標準旅行業約款

ひょうじゅんりょこうぎょうやっかん

印刷する

標準旅行業約款とは、旅行業法に基づき、旅行会社と旅行者が交わす旅行契約に関し、観光庁および消費者庁が定めた見本。募集型企画旅行契約の部、受注型企画旅行契約の部、特別補償規定、手配旅行契約の部、渡航手続代行契約の部、旅行相談契約の部に分かれ、それぞれに契約の定義・成立・変更・解除、旅程管理、会社の責任などが定められている。募集型企画旅行の部、受注型企画旅行の部には、会社の責任として、旅程保証、特別補償、会社の損害賠償の項目が明記されている。

旅行会社は、自らが使用する約款は、観光庁の認可を受けなければならず、使用する約款は、店舗に掲示するか備え置かなければならないことになっている。ほとんどの旅行会社は、この標準旅行業約款をそのまま使用しているが、中には商品の品質の高さを示す観点から、旅程保証の変更補償金の支払い利率を高めに設定している旅行会社もある。

観光庁 標準旅行業約款