アウトレットモールに関するアンケート調査

PDF全文を読む

結果概要

  • 「行ったことがある」は57.7%。

    1位「御殿場プレミアム・アウトレット(R)」、2位「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」

  • 出かけるきっかけは「家族とのお出かけ」。「買いたいものがある」は少数派。
  • リピーターになるには、ショップや食事の充実がポイント。

(株)JTB総合研究所(東京都千代田区 代表取締役社長 日比野健)では、「アウトレットモールに関するアンケート調査」を実施しました。
アウトレットモールは、1993年に日本に初開業して以来、全国各地に増えています。
当初はブランド・メーカ―品の余剰在庫を安く販売する店舗を集めたモールで、買い物そのものに焦点があてられていましたが、時代の変化とともに、直営ブランドショップのほか多種多様な業種の店舗が集まり、レストランやフードコートが充実し、買い物以外でも楽しめる場所になってきました。現在では手軽にブランド品が手に入る都心から近い場所にも増え、特に首都圏エリアでは全国の約4割が集まっています。
当社では首都圏1都3県の居住者を対象に、現在のアウトレットモールへの訪問動向や今後のニーズなどについてアンケート調査を実施しました。

※当社では、消費と旅行に関する調査を今後も継続して実施していく予定です。

主な調査結果

57.7%がアウトレットモールへ行ったことがある。特に30代で経験が高い。
1位「御殿場プレミアム・アウトレット」、2位「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」

アウトレットモールへの訪問経験ありと回答した人は57.7%で、年代別では、30代が65.2%で最も高くなっているのをはじめ、全ての年代で訪問経験ありが50%を超えている(図1)。また、アウトレットモールへの訪問は、宿泊旅行でも立ち寄った人が38.4%いた(図2)。アウトレットモールが日帰りでの外出はもちろん、宿泊を伴う旅行中の訪問先としても定着しつつあることがうかがえる。
個々のアウトレットモールへの訪問状況をみると、日帰りでは「御殿場プレミアム
・アウトレット®」が最も多く、宿泊を伴ったものでは「軽井沢プリンス・ショッピングプラザ」が最も多かった(図3)。御殿場は宿泊を伴ったものでも2位であり、首都圏からは日帰りでも宿泊でも行ける点が強みとなっている。なお、今年4月に開業した三井アウトレットパーク木更津の訪問率は9.1%であった。

図1:アウトレットモールへの訪問経験
アウトレットモールへの訪問経験

図2:訪問経験者の訪問形態
訪問経験者の訪問形態

図3:訪問上位のアウトレットモール(複数回答)
訪問上位のアウトレットモール(複数回答)

調査・研究結果 本文

右上のアイコンをクリックすると、大きい画面で閲覧したり、PDFファイルのダウンロード・印刷ができます。
ダウンロードはこちら

調査概要

調査対象者
都 3 県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に居住する 18 歳以上の男女 2,673 サンプル
調査方法
インターネットアンケート調査
調査時期
2012 年 7 月 31 日~8 月 2 日

調査に関するお問い合わせ

株式会社JTB総合研究所
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
03-6722-0759