地域特有の資源を活かす持続的観光のあり方<第二部 データ集>

~ものづくりのまち三条が輝き続けるための調査研究~

PDF全文を読む

結果概要

  • 「燕三条 工場の祭典」の期間中は期間外と比べ、より広範囲(全国)から訪問者が訪れる
  • 工場見学に加え、商品が一覧でき、その場で購入できる施設の検索が多く、買い物のニーズは大きい
  • 「生活に深みが出る」「豊かな気持ちになれる」など精神的な価値が地場産業・伝統産業品の魅力

株式会社JTB総合研究所(東京都港区 代表取締役社長 野澤肇)と株式会社ナビタイムジャパン(東京都港区 代表取締役社長 大西啓介)は新潟県三条市の協力を得て、共同研究「ものづくりのまち三条が輝き続けるための調査研究」を実施しました。
 第二部では、第一部の調査研究を進める上で下支えとなったデータ分析を紹介します。分析には (1)ナビタイムの経路検索条件データ (2)一般生活者へのインターネット調査 の2つを用いました。

第一部はこちらからご覧ください。

調査・研究結果 本文

右上のアイコンをクリックすると、大きい画面で閲覧したり、PDFファイルのダウンロード・印刷ができます。
ダウンロードはこちら

調査に関するお問い合わせ

株式会社JTB総合研究所
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
03-6722-0759