観光活性化のための課題とソリューションを導くための マーケティング活動

~インバウンドの増加率で注目される佐賀県を事例に~

PDF全文を読む

株式会社JTB総合研究所(東京都港区 代表取締役 野澤肇)と株式会社ナビタイムジャパン(東京都港区 代表取締役社長 大西啓介)は佐賀県の協力を得て、共同研究「観光活性化のための課題とソリューションを導くためのマーケティング活動」を実施しました。

佐賀県は、2011年から2017年にかけて訪日外国人旅行者が10倍となりました。他県を見ても、そう多くない事例です。そこで、オープンデータやビッグデータ、ニューロマーケティング、視察やヒアリング等の実地調査など、様々な視点から増加の要因や内在する課題を把握し、地域の観光振興におけるソリューションの方向性を考えます。

 

調査・研究結果 本文

右上のアイコンをクリックすると、大きい画面で閲覧したり、PDFファイルのダウンロード・印刷ができます。
ダウンロードはこちら

調査に関するお問い合わせ

株式会社JTB総合研究所
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階
03-6722-0759