篠崎 宏の実績・事例

JTB総合研究所の篠崎 宏に関する実績・事例をご紹介します。

コンサルティング

こもろ観光局経営改善及び懐古園等魅力強化可能性調査業務

一般社団法人こもろ観光局

こもろ観光局(長野県小諸市)の設立から4年を経て、同局がさらに真価を発揮し、観光地域づくりの舵取り役となることを目指し、組織体制や運営方法、公益とDMOの自立の考え方、財務体質などの課題を確認。同市最大の観光資源である懐古園等と共に、将来に向けた持続的発展のあり方を検討するため、諸調査の実施、局役職員・行政・経済団体・事業者等の意向ヒアリング、DMO法人の財政自立と事業収益の考え方などについて整理・分析を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 安藤 勝久
    安藤 勝久
    主任研究員

コンサルティング

宮古島市観光マネージメント業務

宮古島市

第2次宮古島市観光振興基本計画で策定した将来像(基本理念)に向かい、官民一体で諸課題を議論しながら、施策の進捗を管理し、マネジメントする行政コンサルティングを遂行。初年度は観光の持続可能性を優先的に協議し、特に域内調達向上の取組みでは、急速冷凍したマグロ、カツオの試食会を早い段階で実施するなど、主要産業への具体な梃入れを、具現化まで伴走し支援した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 安藤 勝久
    安藤 勝久
    主任研究員

コンサルティング

福井県若狭地域における観光ビジネスを核とする新たな地域経済システムの構築に向けた調査事業

経済産業省近畿経済産業局

全国の電源立地地域は、廃炉等により従来のビジネス体系から脱却した、新たな地域経済モデルが必要とされている。若狭域内の担い手と支える域外プレーヤーを発掘し、双方の意向調査を経てビジネスマッチング等を実施。総括として若狭地域の漁家民宿群の国際ブランド化、観光需要における域内調達の向上、他産業を巻き込む観光BuyLcalの考え方を提言した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 安藤 勝久
    安藤 勝久
    主任研究員

調査・研究

宮古島市における重点的に整備すべき観光地の主要インフラ整備計画策定業務

宮古島市

宮古島は伊良部大橋開通(2015年)以降、入域観光客が急増する中、海外クルーズ船の寄港増加によるゴミの問題、観光地や海浜地区における駐車場等受入容量の問題、自然景観の悪化など諸課題が顕在化している。同市内の主要観光インフラ19か所について、持続可能性の観点から調査を実施。島の観光を持続可能な形で発展させるため、今後の整備指針を計画として取り纏めた。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 安藤 勝久
    安藤 勝久
    主任研究員

コンサルティング

地域中核企業創出・支援事業「Shikoku Adventure Islandプロジェクト日本の美しき秘島・四国における富裕層観光サービスネットワーク構築事業」(四国経済産業局)

経済産業省

四国周辺地域の活性化のために、地域を牽引できる地域中核企業(以下、中核企業)の成長を支援する事業。中核企業を中心に多様な事業者が連携することにより、四国の魅力を十二分に活用した観光サービスの確立を目指すプロジェクト。平成29年度は四国のコンテンツの発掘、ターゲットニーズに合わせた磨き上げ、事業者のネットワーク構築を支援した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

茨城県アンテナショップ調査

茨城県

茨城県のイメージアップ並びに茨城県産品の消費拡大及び観光誘客等の交流人口拡大を図るため、アンテナショップについての現状と課題を整理し評価・検証するとともに、多様化する国内外の消費者ニーズ等をとらえ、目指すべき新時代のアンテナショップのコンセプト及び事業モデルを構築した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 岩佐 嘉一郎
    岩佐 嘉一郎
    研究員

コンサルティング

ドライブ観光推進による移住者増加プロジェクト

宮古島市伊良部商工会

宮古島と橋でつながり観光客が急増する伊良部島の移住事業者への調査を行い、ドライブ観光による経済効果を最大化するためのコンサルティングを行う。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

展望台ポテンシャル実態把握調査

M社

首都圏内の某展望台のマーケティング調査。類似施設事例調査、消費者調査から展望台ビジネスの潮流と消費者ニーズを明らかにし、今後の展望台のあり方について提言を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー
  • 岩佐 嘉一郎
    岩佐 嘉一郎
    研究員

調査・研究

伊豆地域調査

J社

伊豆地域の現状の観光の整理、2020年以降の観光需要の予測。 デスク調査により伊豆地域のエリア別の観光の特性を明確にした。さらに過去の観光入込客数の推移、及び近年の観光動向から、2020年以降の観光入込客数の推計と、その観光客層の推測を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

下北広域ポテンシャル調査

J社

下北半島の6市町村(むつ市、横浜町、大間町、佐井村、東通村、風間浦村)が広域で連携しプロモーション及び観光振興を推進していくため、平成29年度は観光資源の掘り起こしと活用・プロモーションの方向性の検討を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー