篠崎 宏の実績・事例

JTB総合研究所の篠崎 宏に関する実績・事例をご紹介します。

コンサルティング

地域中核企業創出・支援事業「Shikoku Adventure Islandプロジェクト日本の美しき秘島・四国における富裕層観光サービスネットワーク構築事業」(四国経済産業局)

経済産業省

四国周辺地域の活性化のために、地域を牽引できる地域中核企業(以下、中核企業)の成長を支援する事業。中核企業を中心に多様な事業者が連携することにより、四国の魅力を十二分に活用した観光サービスの確立を目指すプロジェクト。平成29年度は四国のコンテンツの発掘、ターゲットニーズに合わせた磨き上げ、事業者のネットワーク構築を支援した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

茨城県アンテナショップ調査

茨城県

茨城県のイメージアップ並びに茨城県産品の消費拡大及び観光誘客等の交流人口拡大を図るため、アンテナショップについての現状と課題を整理し評価・検証するとともに、多様化する国内外の消費者ニーズ等をとらえ、目指すべき新時代のアンテナショップのコンセプト及び事業モデルを構築した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

コンサルティング

ドライブ観光推進による移住者増加プロジェクト

宮古島市伊良部商工会

宮古島と橋でつながり観光客が急増する伊良部島の移住事業者への調査を行い、ドライブ観光による経済効果を最大化するためのコンサルティングを行う。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

展望台ポテンシャル実態把握調査

M社

首都圏内の某展望台のマーケティング調査。類似施設事例調査、消費者調査から展望台ビジネスの潮流と消費者ニーズを明らかにし、今後の展望台のあり方について提言を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

伊豆地域調査

J社

伊豆地域の現状の観光の整理、2020年以降の観光需要の予測。 デスク調査により伊豆地域のエリア別の観光の特性を明確にした。さらに過去の観光入込客数の推移、及び近年の観光動向から、2020年以降の観光入込客数の推計と、その観光客層の推測を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

下北広域ポテンシャル調査

J社

下北半島の6市町村(むつ市、横浜町、大間町、佐井村、東通村、風間浦村)が広域で連携しプロモーション及び観光振興を推進していくため、平成29年度は観光資源の掘り起こしと活用・プロモーションの方向性の検討を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

コンサルティング

改装駅における既存店舗の新たな業態モデルの検討支援コンサルティング

J社

駅の改装に伴い、構内で営業する旅行サービス店の新たな業態モデルを検討し、方向性を導出するプロジェクトの支援を行った。従来型の発地型商品販売店から脱却すべく、観光案内所や他の物販店とも連携を図り、人の回遊や情報の循環を生み出す着地型観光案内の発信拠点としてのあるべき姿を、全4回ワーキンググループ活動を通じてデザインし、改革への機運を醸成した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

コンサルティング

地方創生に資する観光立国関連施策の推進

日本クレジットカード協会

地域におけるキャッシュレス決済環境の整備を促進するため、先進事例の調査・整理を行う。また、新たな地域振興に繋がる民泊を切り口にしたキャッシュレス環境整備促進の可能性について調査する。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

コンサルティング

東三河ブランドショップ設計アドバイザリー業務

東三河広域連合

首都圏への出店が計画されているブランドショップに関して、事業活動計画や店舗内のデザイン、ブランディング、情報発信のあり方に関して、全3回の会議に参画し、提言等を行った。その他、関連する先進事例や他地域の情報提供、及び東三河物産協会設立やDMO検討に関する意見交換も併せて実施した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー

調査・研究

嘉右衛門町重伝建地区味噌工場跡地保存活用計画 拠点施設利用活用計画 観光客・観光事業者意向調査

N社

栃木市では市内の嘉右衛門町重伝建地区にある味噌工場跡地の集客施設としてリノベーションすることを検討している。リノベーションの方向性を策定するため、一般消費者の意向や観光関連事業者の意向をウェブ調査やヒアリング調査から把握をした。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    フェロー