2019年の実績・事例

2019年の実績・事例をご紹介します。

調査・研究

日本人富裕層における海外旅行調査 

ヨーロッパ地域 州政府観光局

日本人富裕層の欧州旅行時における、消費行動分析を実施。州政府観光局と現地のサプライヤーに向け、日本人富裕層誘致に関する提言を行った。

  • 熊田 順一
    熊田 順一
    主席研究員
  • 趙 唯琳
    趙 唯琳
    研究員

調査・研究

G20観光大臣会合会および関連会合のサブスタンス支援業務

観光庁

2019年10月に開催されたG20観光大臣会合、同年5月に開催された、Senior Official Meeting(SOM)の業務支援。G20加盟国及び招待国に対し、各国の観光及び観光開発戦略についてのアンケート調査を実施。会合終了後に英日による報告書の作成を行った。

  • 熊田 順一
    熊田 順一
    主席研究員
  • アセファ テメスガン (トム)
    アセファ テメスガン (トム)
    主任研究員

調査・研究

デジタル貿易ルール形成に向けたアフリカ経済実態調査

経済産業省

アフリカ諸国における、既存のデジタル貿易システムに関する、インターネットおよび文献調査を実施。国際的なデジタル貿易ルールの形成に向けて、日本が関与を強められる可能性について提言を行った。

  • アセファ テメスガン (トム)
    アセファ テメスガン (トム)
    主任研究員

調査・研究

持続可能な観光指標に関する調査 (日本版持続可能な観光ガイドラインの策定)

観光庁

日本版持続可能な観光指標のあり方に関する有識者や、地方自治体等との検討会の実施。および指標の開発(日本版持続可能な観光ガイドライン)、普及に向けた課題の整理、事業報告書の作成を行った。

  • 熊田 順一
    熊田 順一
    主席研究員
  • 岡田 美奈子
    岡田 美奈子
    研究員

コンサルティング

洋上風力発電施設の観光需要調査・コンサルティング

民間企業

洋上ウィンドファーム開発計画に係り、市場におけるインフラツーリズム需要調査を実施し、求められるコンテンツや体制を検証するとともに、地域特性を活かした、具体的な施策展開の方向性を提示。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員
  • 新村 竜大
    新村 竜大
    研究員

コンサルティング

世界農業遺産「にし阿波の傾斜地農耕システム」映像制作事業

徳島県(剣山 農業遺産協議会)

にし阿波の世界農業遺産の価値を、国内外に伝達するためのコンセプト動画の制作

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員

コンサルティング

箱根HOT21観光アクションプラン策定支援業務

箱根DMO

箱根町が策定した「HOT21観光基本計画」に基づく、観光アクションプランの策定支援

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員

調査・研究

特定有人国境離島地域における訪日外国人来訪促進のための調査

内閣府

特定有人国境離島における、インバウンド誘致促進に向けた基礎調査の実施。モデル地域3箇所を選定した来訪者調査、並びに課題把握と事業者支援、訪日旅行者に対する離島観光可能性調査等を実施。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員
  • 大津 祥平
    大津 祥平
    研究員

調査・研究

国立科学博物館来館者増促進調査・分析業務

国立科学博物館

科博を来訪した外国人に対する来訪者調査、並びに国内の来訪者・未来訪者を対象としたインターネットアンケート調査の結果を踏まえ、ターゲット設定と誘客戦略の検討・提言を実施。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員

コンサルティング

土木遺産を活用した日本遺産申請支援業務

三郷町・柏原市

奈良県三郷町と大阪府柏原市が、協同で目指している「大和と難波を結ぶ道・龍田古道」と「亀の瀬渓谷と地すべり」の日本遺産認定に向けたコンサルティングを実施。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員