その他の実績・事例

JTB総合研究所のその他に関する実績・事例をご紹介します。

コンサルティング

東京都MICE連携推進協議会

公益財団法人東京観光財団

MICEに関する連携推進協議会の運営及びシンポジウムの運営

  • 小島 規美江
    小島 規美江
    主席研究員

調査・研究

A山系及び周辺地域の入込客等動向調査委託業務

A山系連携事業協議会

A山系及び周辺地域の入込客等動向調査

  • 斎藤 薫
    斎藤 薫
    主任研究員

調査・研究

圏域観光案内所を対象としたサービス診断調査業務

中海・宍道湖・大山圏域インバウンド機構

中海・宍道湖・大山圏域インバウンド機構が目指す、圏域観光の魅力アップを推進させるための施策として、域内各地に存在する観光案内所の連携充実を図ろうとするものである。本業務では、圏域にある観光案内所(15か所)の提供サービス(多言語対応、他地域の案内対応等)に関する現状と課題が調査によって明らかとなり、観光案内所間の連携強化や国際観光案内書認定に向けた取り組みが見出された。

  • 加藤 強
    加藤 強
    主任研究員

コンサルティング

中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会 コンサルティング事業

中海・宍道湖・大山圏域市長会

インバウンド事業推進を支援するコンサルティングを行った。山陰5市をエリアとするDMO設立を踏まえ、DMOの組織活動の基軸となる当該地域でのインバウンド受け入れ態勢の整備を、セミナーやコンテンツの作成等により支援した。

  • 加藤 強
    加藤 強
    主任研究員

調査・研究

石巻圏観光動態調査

(一社)石巻圏観光推進機構

2017年4月に、石巻市、東松島市、女川町の3市町の観光振興を広域で展開することを目的として設立された石巻圏DMO(略称)の活動指針を定める基本戦略の策定支援業務。 DMOが今後圏域内を周遊する観光コンテンツの開発・販売を推進していくにあたり、商品戦略や販売戦略の根拠となるマーケティング調査を実施するとともに、地元関係者や関係する基礎自治体の観光振興に対する意向等を把握し、ブランディング、ターゲッティング、商品戦略等の基本指針を定めた。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主任研究員

コンサルティング

ドライブ観光推進による移住者増加プロジェクト

宮古島市伊良部商工会

宮古島と橋でつながり観光客が急増する伊良部島の移住事業者への調査を行い、ドライブ観光による経済効果を最大化するためのコンサルティングを行う。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    執行役員 主席研究員

調査・研究

スカイガーデンポテンシャル実態把握調査

M社

横浜ランドマークタワー展望台のマーケティング調査。類似施設事例調査、消費者調査から展望台ビジネスの潮流と消費者ニーズを明らかにし、今後の横浜ランドマークタワー展望台のあり方について提言を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    執行役員 主席研究員

調査・研究

伊豆地域調査

J社

伊豆地域の現状の観光の整理、2020年以降の観光需要の予測。 デスク調査により伊豆地域のエリア別の観光の特性を明確にした。さらに過去の観光入込客数の推移、及び近年の観光動向から、2020年以降の観光入込客数の推計と、その観光客層の推測を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    執行役員 主席研究員

調査・研究

下北広域ポテンシャル調査

J社

下北半島の6市町村(むつ市、横浜町、大間町、佐井村、東通村、風間浦村)が広域で連携しプロモーション及び観光振興を推進していくため、平成29年度は観光資源の掘り起こしと活用・プロモーションの方向性の検討を行った。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    執行役員 主席研究員

コンサルティング

改装駅における既存店舗の新たな業態モデルの検討支援コンサルティング

J社

駅の改装に伴い、構内で営業する旅行サービス店の新たな業態モデルを検討し、方向性を導出するプロジェクトの支援を行った。従来型の発地型商品販売店から脱却すべく、観光案内所や他の物販店とも連携を図り、人の回遊や情報の循環を生み出す着地型観光案内の発信拠点としてのあるべき姿を、全4回ワーキンググループ活動を通じてデザインし、改革への機運を醸成した。

  • 篠崎 宏
    篠崎 宏
    執行役員 主席研究員