観光危機管理の実績・事例

JTB総合研究所の観光危機管理に関する実績・事例をご紹介します。

調査・研究

コロナ禍における新たな日本の観光ブランド構築に向けた調査業務

観光庁

今後求められる観光地の「安全・安心」な観光ブランドの構築を進めていくため、山梨県をはじめ、兵庫県豊岡市、宮城県気仙沼市、新潟県妙高市、栃木県那須塩原市、大分県別府市、岐阜県下呂市、沖縄県など先進的な取組を行っている観光地について調査を行い、観光地が果たすべき役割について提案。

  • 岡本 淳芳
    岡本 淳芳
    主任研究員
  • 臼井 香苗
    臼井 香苗
    研究員

セミナー・講演・執筆

旅館業事業継続計画策定支援事業等委託業務

高知県

高知県内の旅館・ホテルにおいて、地震発生時の対応等を含む、観光危機管理の意義ならびにコロナ禍における事業継続計画(BCP)の再認識等を促すセミナーの実施。

  • 斎藤 薫
    斎藤 薫
    主任研究員

調査・研究

新型コロナウイルス対策における国内旅行の環境整備に関する調査事業

観光庁

国内旅行関連業界の新型コロナウイルス対策におけるガイドライン政策に向けた調査事業。

  • 臼井 香苗
    臼井 香苗
    研究員

セミナー・講演・執筆

山梨県宿泊業人材育成支援事業

山梨県

県内観光産業の反転攻勢を図ることを目的とした「やまなしグリーン・ゾーン構想」の早期浸透に向けた取り組みのため、講師として宿泊事業者向けの感染症対策及びwithコロナ観光戦略セミナーを計20回実施。

  • 岡本 淳芳
    岡本 淳芳
    主任研究員

コンサルティング

GoToトラベル事業におけるコロナ対策広報PR事業

ツーリズム産業共同提案体

「新しい旅のエチケット」の制作・周知活動、および宿泊事業者向けコロナ対策動画の作成。

  • 臼井 香苗
    臼井 香苗
    研究員

調査・研究

非常時の仙台空港⇔仙台駅間における情報・移動確保実証事業

国土交通省東北運輸局

非常時における仙台空港⇔仙台駅間の情報・移動に関する課題解決のための実証調査および、各種交通事業者等の関係団体との連携を見据えたマニュアルの作成。

コンサルティング

2020富士五湖観光危機管理マニュアル

富士五湖観光連盟(山梨県)

富士五湖地区における観光防災・危機管理の現状把握、および課題整理の支援業務。必要な関係者へのヒアリング調査や、会議等への参加を通じた意見集約を行い、「富士五湖観光危機管理マニュアル」の制作を実施。

オーダーメイド研修

インバウンド危機管理体制構築業務

青森県

外国人観光客が安全・安心に旅行できる環境を整えるため、傷病等の個人危機時における県内観光関係者の対応力の向上を図ることを目的として、危機管理に係るセミナーを開催。青森市、弘前市、八戸市、むつ市において各1回(計4回)実施。

  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員

調査・研究

沖縄観光危機管理2015

沖縄観光コンベンションビューロー

沖縄県の危機管理基本計画(平成26年策定)に基づく実行計画の策定支援業務、並びに地域・県内事業者における取組支援、取組進捗検証のためのアンケート調査等を実施。

  • 高松 正人
    高松 正人
    客員研究員
  • 河野 まゆ子
    河野 まゆ子
    主席研究員

調査・研究

伊良部島観光立島プロジェクト

伊良部商工会

伊良部大橋開通後の、伊良部島の観光入込客数増加、消費拡大のための観光マーケティング調査、及びそれを踏まえた特産品開発、体験プログラムづくりの実施。