• 白書・レポート
  • 新刊 おすすめ 無料ダウンロード メルマガ登録者限定

富裕層の価値観と旅行

世界3位の規模となる日本の富裕層人口

日本の富裕層人口は増加しつつあり、2018年における日本の富裕層人口は約110万人、家計金融資産は16.3兆ドルで、いずれも世界第三位の規模と推計されました。また地域においては、インバウンド旅行者も含め、訪れる旅行者の「量から質への転換」を意識していく上で、富裕層は無視できない存在です。そこで、JTB総合研究所が実施した「進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)」の結果から富裕層に焦点をあて、そのライフスタイルや旅行について、特徴を分析しました。

富裕層の価値観と旅行

2019年12月10日発売

無料

メルマガ登録者限定でダウンロードできます。
 

ダウンロード

 
※ページ下部で中身の一部のプレビューもご覧いただけます。


 
この機会にぜひメールマガジンへご登録ください。

内容・特長

白書・レポートの特長

アジアやアフリカ、中南米などを中心に、富裕層人口は拡大傾向にあります。グローバル・ウェルスレポート2019では、2018年からの5年間で約25%増加し、2023年には世界の富裕層人口は2760万人に増加すると予測されました(富裕層の定義:金融資産を100万米ドル以上保有している個人)。
アジアの新興国ほどの伸びではありませんが、日本でも富裕層人口は増加しつつあり、2018年における日本の富裕層人口は約110万人、家計金融資産は16.3兆ドルで、いずれも世界第三位の規模と推計されました。世界的にみても、日本の富裕層は重要な市場と言えます。
また地域においては、インバウンド旅行者も含め、訪れる旅行者の「量から質への転換」を意識していく上で、富裕層は無視できない存在です。
そこで、JTB総合研究所が実施した「進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)」の結果から富裕層に焦点をあて、そのライフスタイルや旅行について、特徴を分析しました。

進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)はこちら

特長1
本資料では、以下の富裕層に関する調査結果より、データを一部抜粋してご紹介します
ライフスタイルや価値観
心地よいと感じる表現、仕事をする上で重視するスキル、働き方についての意識、移住や多地域居住についての考え方(意向、理由、住みたい場所)、環境意識、今後の生活で不安なこと、ライフスタイル価値観

お金や時間の使い方
こだわりをもってお金を使っていること、こだわりを持ってお金を使っていることに支払った上限額、関心を持って時間を使っていること、関心事の情報源、普段の買い物場所、商品の生産地に関する意識やこだわり

旅行やおでかけについて
旅行頻度、直近の旅行実態、宿泊施設の利用経験、利用意向、宿泊施設に求めるサービス、国内旅行についての考え方、「食」についての考え方

※掲載していないデータについては、別途お問い合わせください。

商品の詳細

目次

  1. 1.属性 
    性別、年齢、居住地
    職業、収入源、可処分所得
    価値観タイプ
  2. 2.富裕層の生活や価値観 
    こだわりを持ってお金を使っていること
    関心を持って時間やお金を使っているものの情報源
    日常的に心がけていること
    今後の生活で不安なこと
    移住や長期滞在、二拠点居住への興味
  3. 3.富裕層の旅行 
    旅行頻度
    直近の旅行先
    直近の旅行の目的
    直近の国内旅行の予約・購入と旅行形態
    過去1年間に利用した宿泊施設
    船を利用した国内旅行の経験
    今後したいと思う船旅
    国内旅行について感じていること
    訪日旅行者について感じていること
    ワーケーションやブリージャーについての考え方
  4. 参考)変わる観光の志向と“ツーリズム”領域の拡大 
    1)これからの観光
    2)多様化する宿泊施設
    3)インバウンド富裕層の特徴
中身チェック
右上のアイコンをクリックすると、大きい画面で閲覧したり、PDFファイルのダウンロード・印刷ができます。

登録情報

販売価格
無料
出版社
株式会社JTB総合研究所
言語
日本語
体裁
PDFファイル 32ページ
発行日
2019年12月10日発売

関連商品