MICEのコラム

MICEに関わるコラムの一覧です。

PICK
UP

コロナ禍を経て今再考すべき、MICE開催の本来の意義

コロナ禍を経て今再考すべき、MICE開催の本来の意義

MICE活用による交流促進への期待は新型コロナ感染症禍でも下がることはないようです。本文ではMICE誘致における戦略策定の重要性、各地で事業者選定が進むIR推進の意味とMICEとの関連性、そしてコロナ禍で変化するMICEの価値観などを改めて見直し、MICE開催の本来の意義とは何か考えます。

小泉 靖主席研究員

MICEという出会い空間とその作り方~昭和世代・X世代・Z世代の相違~

MICEという出会い空間とその作り方~昭和世代・X世代・Z世代の相違~

MICEは従来から運営に先端技術を活用し、また誘致活動から施設運営、建設の助言まで幅広いノウハウが集約された産業といえるが、根底にあるのは「出会いの空間づくり」という発想だ。これまでの歩みを振り返り、次代に継ぐポストコロナの「出会いの空間づくり」を問う。

太田 正隆主席研究員

ワクチン接種の普及で加速するアフターコロナのリアルMICE再開の動き

ワクチン接種の普及で加速するアフターコロナのリアルMICE再開の動き

ワクチン接種が進んだ米国ではリアル消費が進んでいます。ハイブリットが主になるのではと言われていたMICEにもリアル再開に向けた動きが活発になり、ついにラスベガスでCESのリアル開催が発表されました。アフターコロナに向けたMICEのビジネス環境をどのように想定しているのか考察します。

小島 規美江主席研究員 兼 MICE戦略室長

eスポーツのこれから ~新型コロナウイルス感染拡大による影響と見えてきた課題~

eスポーツのこれから ~新型コロナウイルス感染拡大による影響と見えてきた課題~

ゲーム産業は新型コロナウイルス(COVID-19)による活動自粛下において、「巣ごもりコンテンツ」のひとつとして注目を集めています。しかしそのゲーム産業の一部ともいえるeスポーツは、人と競い合うことにより初めて成立するため、大型大会の相次ぐ中止等に伴い、苦戦を強いられています。本文では世界のeスポーツの現状と共に、ウィズコロナ・アフターコロナにおけるeスポーツのあり方を考察します。

中川 拓也研究員

MICEの継続的な誘致に向けて

MICEの継続的な誘致に向けて

大きな施設さえ整えば、MICEが誘致できるかというと必ずしもそうではありません。国際会議であ れ、企業ミーティングであれ、その地で開催されるための必然性や諸条件が整わない限り、実際 の誘致に結び付けることは難しいのです。本稿では、MICEの持続的な誘致のために必要な要件とは何かを考察します。 *本コラムは「KER経済情報2017年11月号」(九州経済研究所発行)に掲載された原稿を、許可を得て再掲するものです。

小泉 靖主席研究員